Draco in meam第24話「人にやさしく」

SS955.jpg








カイネスグローブから2週間後。
リリィ達はリフテンを訪れていた。


「本当にここに居るのかな?」
リリィは通り過ぎる人々に目を向けながら呟いた。


「さぁ、どうかな。とりあえずデルフィンを信じて探してみよう。」
アレックはそう言うと、リフテンの中心にある市場に向けて歩き出した。

















SS950.jpg








「よく来てくれたわね。」
リリィ達がリフテンを訪れる数日前。
二人はリバーウッドに居るデルフィンと共に居た。









SS952.jpg








「デルフィン、私たちに頼みたいことって?」
リリィはデルフィンに言った。


「ええ、実はあなた達に探してきて欲しい人が居るの。」


「誰を探せば良いんだ?」


「私の古い知り合いよ。」


「・・・もしかして、ブレイズのメンバーか?」
アレックはデルフィンに尋ねた。


「そうよ。名前はエズバーン。彼は曇王の神殿の書庫管理人だったの。」


「どうしてその人を探しているの?」


「それは、彼がドラゴンの予言について色々と調べていたからよ。私もドラゴンの予言なんて信じていなかったわ。こうして自分の眼で見るまではね。」
デルフィンはそう言うと、一冊の本を取り出した。


「これは?」
アレックはその本を手に取り、ページを捲った。


しばらく無言で読み続けていたが彼ははある事に気づき、デルフィンに目をやった。


「このサルモールの報告書をどこで手に入れたんだ?」


「・・・少し前にサルモール大使館でね。」


「ブレイズのあんたがサルモール大使館に潜入とはな・・・。」
呆れたようにアレックは言った。


「手引きしてくれる人を雇っておいたの。お陰で有益な情報が手に入ったわ。」


「それがこの報告書か。」
アレックはそう言ってデルフィンに本を手渡した。


「報告書によればエズバーンはリフテンに居るみたいね。」


「リフテンか。隠れるにはもってこいの場所だな。」


「どういう意味?」
リリィは首を傾げながら言った。







SS953.jpg







「リフテンには盗賊ギルドがあるの。だから、治安もかなり悪いのよ。」


「ゴロツキ共の吹き溜まりって訳だな。」
アレックはそう言うとため息をついた。


「用心して行ってね。私はここでドラゴンに関する資料を探してみるわ。」


「分かった、行ってくるね。」
リリィはそう言うと、アレックと共にリバーウッドを後にした。



















SS956.jpg








「エズバーンっていう人、どこにも見当たらないね。」


リフテンに到着してから数時間。
リリィ達はリフテン中の人々に聞き込みをしていた。


しかし、エズバーンに関する有益な情報は得られず、二人は町の中心にある市場に戻ってきていた。








SS957.jpg








「お前達か。色々と嗅ぎまわっているよそ者は。」
突然、リリィ達の背後から低い男の声が聞こえてきた。








SS958.jpg







「誰だ?」
アレックは怪訝な顔をして男に言った。


「おいおい、落ち着けよ。別にお前達に危害を加えるつもりじゃない。」
男は落ち着いた口調でそう言った。


「お前達に頼みたい仕事があるんだ。」








SS960.jpg







「盗賊の仕事に加担する気はない。」
アレックはにべも無く言った。


「ほう。どうして俺が盗賊だと分かったんだ?」


「身なりはただの商人のようだが、足音がしなかった。」


「おやおや、気配を消すのも考えものだな。」
彼はそう言うと、不敵な笑みを浮かべた。


「・・・お前達はエズバーンを探しているんだろう?」









SS959.jpg








「どうしてそれを知ってるの?」
リリィは困惑しながら言った。


「この町で俺達盗賊ギルドが知らないことはないんだよ、小娘。」


「エズバーンは何処に居る?」
アレックは男に言った。


「俺の仕事を手伝え。そうすれば教えてやろう。」


「さっきも言ったはずだ。盗賊の仕事は手伝わないと。」
アレックは吐き捨てるように言った。











SS962.jpg








「分かったよ。せいぜい頑張って探すことだな。」
そう言って男は市場の方に消えて行った。


「・・・悪かったな、リリィ。勝手に断ってしまって。」
アレックはばつが悪そうに言った。


「気にしてないよ。私もあの人なんだか苦手だったから。」
リリィはそう言うと、力なく笑った。








SS964.jpg








「エズバーンの居場所なら私が知ってるよ。」
二人の背後から若い女性の声が聞こえた。








SS965.jpg








「誰だ?」
警戒しながらアレックは振り向いた。


この女性も、先ほどの盗賊と同じく気配がまるで無かった。








SS966.jpg








「私があなた達を助けてあげる!」
彼女はそう言うと、屈託の無い笑顔を見せた。









次回に続く。

Comment 4

Fri
2015.06.05
20:01

袋小路 #-

URL

No title

( ゚∀゚)o彡°Evelyn!Evelyn!
リフテン顔面改造医のメンテが無事に終わって良かったw
Evelyn様のご活躍に期待しております!

Edit | Reply | 
Fri
2015.06.05
20:08

ミースケ #-

URL

No title

>>袋小路さん
いつもコメントありがとうございます!

ブログのためにと製作してから約5ヶ月。
ようやく彼女を登場させることが出来ましたw

これからも頑張って更新していきますので、良ければお付き合い下さい!

Edit | Reply | 
Sat
2015.06.06
16:45

yoituki #-

URL

No title

更新お疲れ様です!

まさかデルフィンが大使館に潜入しているとは・・・・w
そしてEvelynさんキターーー\(◎o◎)/これで勝つる!(エw
アレックに気配を察知させないとは、流石、隠密パーク持ち(イヤマテw
ここで案内人キャラが出てくるとは、予想外でした。

次回も楽しみですよ (⌒◯⌒)

Edit | Reply | 
Sat
2015.06.06
20:50

ミースケ #-

URL

No title

>>yoitukiさん
いつもコメントありがとうございます!

この物語のデルフィンさんは有能なので、潜入くらいはお手の物なのですw

元々、EvelynはLily達をラットウェイに連れて行く助っ人として作ったキャラクターなので、ようやく日の目を浴びることが出来て良かったです!

次の更新も頑張りますヾ(´ω`=´ω`)ノ

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?