Draco in meam第16話「ハイ・フロスガーへの道」

SS756.jpg


リリィ達がイヴァルステッドに着いたのは、まだ日が昇ってすぐのことだった。


「日が出る前に出発して良かったね。」
リリィは笑いながら言った。


「まだ昼前だし、急げば今日中にハイ・フロスガーに着けるかもな。」
空に浮かぶ太陽を眺めて、アレックは呟いた。


「でも、ここからハイ・フロスガーに行くにはどうすればいいのかな?」


「村の人に聞いてみようか。」
アレックはそう言って辺りを見回した。
すると、右手にかかっている橋の上に2人の村人を見かけた。


「リリィ、あそこにいる人に聞いてみよう。」


「そうだね。」


リリィ達は村人の方へと歩いていった。




SS759.jpg


「ハイ・フロスガーへの道を尋ねたいんだが・・・。」
アレックは話している2人の村人に言った。


「なんだ?あんたらハイ・フロスガーに行くのか?」
坊主頭の村人がリリィ達を見て言った。


「うん、だから道を教えて欲しいの。」


「ハイ・フロスガーへはこの先にある七千階段を登って行くんだ。」


「七千階段?」
リリィは首を傾げた。


「ハイ・フロスガーへの道にある階段のことさ。本当に七千もあるか数えたわけじゃないが、そのくらい多いってことだ。」
村人はそう言って、橋の反対側から山へと続いている階段を指差した。


「ありがとう、助かったよ。」
アレックはその村人に礼を言った。


「気をつけなよ旅人さん。七千階段は長く険しい道のりだぞ。」


「うん、ありがとうね!」
リリィはそう言って、アレックと共に七千階段の方へ向かった。










SS762.jpg


どれくらい歩いただろうか。
先ほどまで居たイヴァルステッドは既に見えなくなっていた。
辺りの空気は冷え込み、2人の体力を奪っていった。


「結構登ったねー。」
深呼吸しながらリリィは言った。


「まだ半分といったところかな。気をつけて進もう。」
アレックは顔を引き締めて言った。










SS3.jpg


それからしばらくして、天候が急に変わった。
2人のことを猛烈な吹雪が襲ったのだ。


視界は急激に悪くなり、空もどんよりとしてきた。


「これは・・・まずいな。」
松明に火をつけながらアレックは言った。


「凄い雪だね。身体が凍りそう・・・!」
リリィは身体を震わせて言った。


「日が暮れるとまずい。ハイ・フロスガーへ急ごう。」


リリィ達は先を急いだ。










SS767.jpg


雪の中進んでいくと、突然リリィの服が黒く染まった。


「アレック、前に何か居るよ!」
リリィはそう言って前方を指差した。



SS768.jpg


それは白い毛をした大柄な動物だった。
発達したその腕は、獲物の命を容易く奪えるように進化していた。


「フロストトロールだ!」
アレックは声を上げた。


「フロストトロール?」
リリィが聞き返した。


「トロールの亜種だ。かなり危険なモンスターだぞ、気をつけろ。」
アレックはそう言うと、盾を構えてフロストトロールへと向かって行った。




SS769.jpg


アレックは盾でフロストトロールを押し返した。
そして、体勢を崩した相手の腹に目掛けて剣で斬りつける。


「ウギャアアアア!!!!」
白い獣の悲鳴がアレックの耳をつんざいた。


「リリィ、今だ!」
アレックの合図を受けて、リリィは呪文を唱えた。




SS770.jpg


リリィの放った蒼い炎は、フロストトロールを焼き尽くすには十分だった。
しばらくもがき苦しんだ後、その獣は地面に崩れ落ちた。




SS771.jpg


「こいつ、炎が弱点だったのかな?」
崩れ落ちたフロストトロールを見下ろしてリリィは言った。


「多分そうだったんだろう。無傷で倒せたのは幸いだな。」
アレックは剣を鞘にしまってそう言った。


「もう日が暮れてきたねぇ。」
リリィは空を見上げて言った。


すでに日は沈んでおり、空には無数の星が輝いていた。


「もう少しで着くはずだ。急ごう。」
アレックはそう言うと、松明で前方を照らしながら進んでいった。


「もう、待ってよー!」
リリィは慌てながら、アレックの後を着いていった。










SS772.jpg


「リリィ、あれを見てみろ。」
前を歩いていたアレックは足を止めてそう言った。


「もしかして、あれがハイ・フロスガー!?」
リリィは喜びの声を上げた。


前方に巨大な影が現れた。
それはホワイトランから視認できるほど高く、大きな建築物だった。
越えの達人であるグレイビアードが住まう場所、ハイ・フロスガー。





リリィ達はその巨大さに圧倒されていた。







次回に続く。

Comment 4

Wed
2015.02.11
19:56

yoituki #-

URL

No title

更新お疲れ様です ヽ(・∀・)ノ

ハイ・フロスガー最大の難所、フロストトロールをあっさりと・・・っ!?

フロストトロール:・・・解せぬ

ハイ・フロスガーは雪降ってると、ホントやばそうですよね><お二人が無事に着いてなにより。
次回も楽しみにしています (*゚▽゚*)

Edit | Reply | 
Wed
2015.02.11
23:13

ミースケ #-

URL

No title

>>yoitukiさん
いつもコメントありがとうございます!

リリィはドラゴンの件以来、魔法の威力が上がっているので、フロストトロールなら隙を突けば勝てます(カラフルマジックのお陰だなんて言えない・・・!)

SSを撮っている時に猛吹雪になったので、悪戦苦闘していましたw
次からは色々と準備があるので、少し更新が遅れると思います。

まったりとお待ち頂ければ幸いです(*´∀`*)

Edit | Reply | 
Sun
2015.02.15
23:43

ベルルスコーニ #-

URL

No title

どうもヽ(・∀・)ノ更新お疲れ様です
吹雪がかなり激しいですが、逆に不気味さを醸し出していて禍々しい雰囲気を感じます(特に最後のSS
次回も楽しみですヽ(*´∀`)ノ

Edit | Reply | 
Mon
2015.02.16
08:32

ミースケ #-

URL

No title

>>ベルルスコーニさん
コメントありがとうございます!

七千階段を歩いて登っていたので、ハイフロスガーに着くころには夜&猛吹雪のコンボを食らいましたw

次回も頑張ります!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?